象印の炊飯器から異音が。修理の手続きはとっても簡単でした。

こちらの炊飯器が今年の3月に買った炊飯器です。前は、タイガーの土鍋IH炊飯ジャー〈炊きたて〉JKM-G550を使っていて、本物土鍋でとても気に入っていたのですが、使っていると内釜の表面が剥がれてくるんですよね。土鍋なのに。

それで、象印のこちらの商品は内釜の3年間無償交換がついているということなので、今回は象印にしたわけです。まだ使えるのに、内釜が悪くなったからって買い換えるのはもったいないですよね。

しかし、最近「ブー」みたいな異音がするようになり、あと保温の表示もしなくなったので、早速お問い合わせに連絡。すぐに修理の手配をしてくれるとのことでした。

というのも、商品を購入したときに「オーナー登録」をしておいたからですね。住所とか電話番号とかいろいろ聞かれなくて、指定の時間に梱包もしないで炊飯器そのまま宅配便のひとに渡せばいいそうです。あと、うちには予備の炊飯器があるからいいですが、炊飯器の貸し出しもしてくれるそうですよ。いたれりつくせり。

よく、「この電話が切れてしまったときのために電話番号を」「ご住所を郵便番号から」って言われるけど本当面倒くさいですよね。とくにメールアドレス聞かれた日には。「オーナー登録」本当いいサービスだと思います。

変な音がしちゃったので、商品のおすすめは難しいですが、象印のサービスは最高でしたってことです。象印の商品を買ったら「オーナー登録」忘れずにしましょう。

おしまい。