フランチャイズ

フランチャイズをいっしょに学ぼう(1)フランチャイズとは

フランチャイズの仕組みやメリットについて学ぼう


今日から始まる新しいシリーズです。自営業よりも少ない資金で始められるだけでなく、さまざまなメリットがあるフランチャイズについて一緒に学びましょう。

今日はフランチャイズとはどのようなものなのかご紹介します。

 

そもそもフランチャイズとは

本部(フランチャイザー)と加盟店(フランチャイジー)が契約を結んで、ロイヤリティ(加盟金)を支払う代わりに商品や商標、サービス、独自のノウハウを使ってビジネスができるシステムです。
 
 

フランチャイズといえば、コンビニ、飲食チェーン店などがよく知られていますが、業種は幅広く塾、マサージ店、結婚相談所、ハウスクリーニング、介護、買取業者など多岐にわたります。

フランチャイズでビジネスを始めるメリット

「やりがいのある仕事をしたい」「好きなことでお金を稼ぎたい」という思いから、独立開業をしたいと考える方も多いと思います。独立開業するためには自分で会社を立ち上げる必要がありますが、フランチャイズでもビジネスを始めることが可能です。
 
ここでは、フランチャイズで独立開業するメリットを自分で会社を作る場合と比較してご紹介します。

1.開業資金が少なくてもビジネスが始められる


例えば、飲食店を始める場合「店舗の契約」「店舗の内外装費用」「調理器具や食器などの設備投資費用」などで1000万円ぐらい必要になります。

フランチャイズであれば、100万円以下で始められる業種も多く、なかには土地建物を本部が用意してくれたり初期費用がゼロ円で始められたりするところもあります。少ない資金で始められるので、うまくいけば複数の店舗のオーナーになることも可能です。

2.未経験でも開業できる


自分で会社を作るとすべて自分でこなさなくてはいけませんが、フランチャイズであればビジネスのノウハウを教えてもらえて商品も調達してもらえるので、開業までの準備がスムーズです。

未経験でも開業できる業種も多く、研修制度も充実しているので新しい業種にチャレンジすることが可能です。

3.ネームバリューを利用することができる


会社を作ったら会社を知ってもらうために宣伝が必要ですが、無名で実績のない会社では集客は簡単ではありません。

フランチャイズであれば主な宣伝広告は本部がやってくれますし、既に知名度と実績があるので新規顧客の集客もしやすいです。

 

4.サポートが充実している


開業後も人材の配置や教育方法、商品の発注の仕方、接客や広告の仕方などについてさまざまなサポートが受けられ、なかには最低保証制度があるところもあります。

最低保証制度があれば、保証期間中は経営に必要な資金を確保できるので未経験でも安心してビジネスが始められます。


5.副業から始めることも可能


業種によってはフルタイムで働かなくても、空いた時間や週末だけのビジネスから始めることもできます。会社を退社する必要がないので、安定した収入を得ながら経営を学ぶことがも可能です。

みみちゃん

フランチャイズにはメリットがいっぱいニャ

フランチャイズでビジネスを始めるデメリット

なんでもそうですが、フランチャイズもよいことばかりではありません。フランチャイズでビジネスを始めるときは、デメリットについても知っておきましょう。

1.ロイヤリティをしはらわなくてはいけない

ロイヤリティは、「売上歩合方式」「粗利分配方式」「定額方式」があります。

常に同じ額を支払う「定額方式」は、利益が増えても支払うロイヤリティの額が変わらないので儲かっていればロイヤリティの割合は低くなります。しかし、景気が悪くなって売上が減ってもロイヤリティ額は変わらないので、最悪のケースではロイヤリティを支払ったら収入がほとんどなくなってしまう可能性もあります。

フランチャイズではロイヤリティは必ずしも支払うものではなく、結婚相談所などはロイヤリティがないところも多いです。

2.途中でやめれば違約金が発生する


自営業ならいつやめても大丈夫ですが、フランチャイズには契約期間があり契約期間中にやめれば違約金を払わなくてはいけません。
また、フランチャイズでは競業(契約終了後も同じようなビジネスをすること)や商標権侵害(契約終了後に本部のサービスやマークを使ってビジネスをすること)も違約金の対象となります。

違約金は本部によって異なるので、契約する前に契約書をしっかりと確認しておくことが重要です。

3.自営業に比べ自由度が低い


店舗のオーナーであっても、基本的には本部のマニュアルに沿ってビジネスをおこないます。
自分で経営方針を決めたりオリジナルメニューや商品開発したりすることはできません。契約に違反すれば契約打ち切りや違約金が生じる可能性があるので、ご注意ください。

4.ブランドイメージの影響を受ける

ブランドイメージがよくなれば利益につなげることができます。
 
しかし、本部や加盟店の不祥事によりブランドイメージが悪くなると、経営に悪影響を及ぼし売上が減少する可能性があります。
 

フランチャイズは低資金で独立したい人におすすめ

いかかでしたか?デメリットがあるといっても、未経験の人にとってはメリットのほうが多いのではないでしょうか。
 
フランチャイズのいいところはお金を貯めてからではなく、体力に満ち溢れ働き盛りの若いうちにビジネスが始められるところ。
 
フランチャイズをやってみたいというかたは、まずは資料請求やメルマガ受信設定をしてみてはいかがでしょうか。
 

おすすめのフランチャイズ情報サイト

「フランチャイズ比較ネット」20万人以上の人が活用している最大級FC総合情報サイトで、コンビニや飲食店、ハウスクリーニングなど約120社のフランチャイズを掲載しています。サイト内では、フランチャイズに関する幅広い情報を提供していて、独立開業までに必要とされる知識を学ぶことも可能です。

「フランチャイズ比較ネット」20万人以上の人が活用している最大級FC総合情報サイトで、コンビニや飲食店、ハウスクリーニングなど約120社のフランチャイズを掲載しています。サイト内では、フランチャイズに関する幅広い情報を提供していて、独立開業までに必要とされる知識を学ぶことも可能です。

 
「フランチャイズの窓口」日本最大級のFC比較サイト。フランチャイズ契約の条件検索できるので、自分にあったフランチャイズ契約が見つけやすいです。現在、飲食店、介護、学習塾、ハウスクリーニングなど約140社のフランチャイズが掲載中です。フリーダイヤルでも簡単に資料請求ができます。
 
 

「フランチャイズの窓口」は日本最大級のFC比較サイト。フランチャイズ契約の条件検索できるので、自分にあったフランチャイズ契約が見つけやすいです。現在、飲食店、介護、学習塾、ハウスクリーニングなど約140社のフランチャイズが掲載中です。

「BMフランチャイズ」は「予算」「エリア」「開業スタイル」から自分にあったフランチャイズを検索でき、100件以上のフランチャイズビジネスを比較することのできるサイトです。

 

「BMフランチャイズ」「予算」「エリア」「開業スタイル」から自分にあったフランチャイズを検索でき、100件以上のフランチャイズビジネスを比較することのできるサイトです。