通信

楽天モバイル(MNO)(1)楽天モバイル(MVNO)との違いとおすすめポイント

楽天モバイルで携帯電話料金を安くしませんか

携帯電話は生活になくてはならないものですから、毎月1,000円違うだけでも、1年で12,000円、10年で12万円とかなりの違いがでます。使い慣れた携帯会社もいいですが、一度携帯料金を見直してみてはいかがでしょうか。

今回は2020年4月8日より開始した「楽天モバイル」のおすすめポイントをご紹介します。

楽天モバイル(MVNO)と楽天モバイル(MNO)の違いについて

「楽天モバイル(MVNO)」をご存じの方は、「楽天モバイル(MVNO)」と今日紹介する一文字違いの「楽天モバイル(MNO)」は何が違うの?と思う方もいるかと思います。ここでは、まずはふたつの違いをご説明します。

楽天モバイル(MVNO)

ドコモ回線とau回線を利用したサービスで、「UQモバイル」のような格安スマホです。

※楽天モバイル(MNO)の開始により、新規受付は終了しています。

楽天モバイル(MNO)

自社回線のLTE「B3」とKDDIのLTE「B18」を利用している、2020年4月8日から始まった新しいサービスです。

楽天回線エリアであれば高速でデータ使い放題で、楽天モバイル(MVNO)よりサービスが充実しています。

詳しくは次項でご説明します。

楽天モバイル(MNO)のおすすめポイント

では、具体的に楽天モバイル(MNO)のおすすめポイントをご紹介します。

1.料金が安く今申し込めば1年間無料

出典元:楽天モバイル

楽天モバイル(MNO)の「Rakuten UN-LIMIT V」は月額は2,980円。 他社と比べてもかなり安いですよね。

出典元:楽天モバイル

家族4人で使用した料金を他社の料金と比較すると、4年間で100万円以上節約できる計算に。

さらに今申し込めば、月額2,980円が1年間無料になります。

※増減の可能性がありますが、300万人対象です。

2.楽天エリアであればデータが使い放題

「楽天エリア」と「パートナーエリア」がありますが、「楽天エリア」であればデータが使い放題。「パートナーエリア」は毎月5GBまで使い放題。

サービスエリアマップの確認はこちらから

3.「Rakuten Link」の利用で国内かけ放題

「Rakuten Link」とは、通話料が無料になるというアプリのことです。「Rakuten Link」をインストールすれば、国内の「楽天エリア」でも「パートナーエリア」でも、通常30秒20円かかる料金は無料になります。

※通話の相手が「Rakuten Link」をインストールしていなくても通話料無料でかけ放題になるので大変お得です。

4.縛りなしで解約金もゼロ円

縛りがなく契約金も発生しないので、満足できなければすぐにやめることも可能です。

5.対応機種であれば今の機種が引き続き使える

乗り換えたいけど新しいスマホを買う余裕がない人も、対応機種であれば今のスマホがそのまま使えます。

楽天回線対応製品の機種の確認はこちらから

新しい機種を購入する場合も、特典対象製品を購入し同時に「Rakuten UN-LIMIT V」(SIM)を申し込めば最大26,300円相当のポイント還元があります。

6.電話番号も今の番号のまま

電話番号を変えるというのは、新しい番号になるというだけではありません。知り合いに新しい番号を知らせるだけでなく、連絡先として登録している番号の変更手続きが必要になります。
 
正直、手続きが面倒というより、どこに登録しているかすらよくわからないですよね。
 
また、新しい電話番号になったといっても、その番号が本当に新しい番号とは限りません。
 
電話は解約して一定の期間がすぎると、他の人が新しい番号として使うことになります。そのため、電話番号を変えたら、前の電話番号の知り合いから電話がかかってくる可能性も無きにしもあらず。
 
楽天モバイル(MNO)なら、今の電話番号がそのまま使えるのでそんな心配はありません。

7.月額980円で海外もかけ放題

出典元:楽天モバイル
グローバル化が進んで、国際恋愛なんて普通の時代。恋人ではなくても、世界各国に知り合いがいる人も多いですね。
 
楽天モバイルなら、指定の66ヶ国であれば月額980円でかけ放題。海外に行けなくなって会えなくなってしまったお友達や大切な人たちに、いつでも気軽に連絡が取れます。
 
対象国はこちら

アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、カンボジア、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア(2020年3月3日時点)

8.楽天モバイル(MVNO)よりずっとお得

楽天モバイル(MVNO)の新規の申し込みはできなくなりましたが、参考までに楽天モバイル(MNO)と楽天モバイル(MVNO)サービス内容の表を比較してみてください。

1)楽天モバイル(MNO)Rakuten UN-LIMIT V 月額2,980円(1年間無料)

エリア 国内 海外(海外指定66の国と地域)
楽天回線エリア 
パートナー回線エリア
データ通信 高速で
完全データ使い放題
5Gエリアは
5G通信で使い放題
5GB/月
超過後は最大1Mbpsで使い放題
2GB/月
通話
RakutenLink同士
0円
RakutenLink利用 0円
0円
※海外から日本への通話(Rakuten Link使用時)
その他の場合は国・地域別従量課金
通常の電話
20円/30秒
 
SMS
RakutenLink同士
0円
RakutenLink利用 0円
0円
※海外(その他の地域)へのSMSは
100円/70文字(全角)
通常のSMS 3円/70文字 100円/70文字(全角)
 
2)楽天モバイル(MVNO)のスーパーホーダイと組み合わせプラン
 
項目  スーパーホーダイ  組み合わせプラン
月額料金※準通話定額  3,278円~7,678円  2,310円~7,700円
月額料金※通話定額無し –  1,375円~6,765円
データ容量  2G~24GB  低速使い放題3.1GB~30GB
音声通話
アプリ使用
10円/30秒
アプリ不使用
20円/30秒
通話定額無し
20円/30秒
無料時間超過時
10円/30秒

通信費用を安くしたいなら楽天モバイルがおすすめ

携帯会社の乗り換えといっても、今の電話番号と対象機種であれば買い替える必要もありません。1年間無料やオンラインの申し込みで3,000ポイントゲットできるキャンペーンなども実施中なので、興味のある方は楽天モバイルのホームページを覗いてみてはいかがでしょうか。

詳しくは↓をご確認ください。ぜひこの機会をお見逃しなく